鍼灸治療とは

鍼灸治療とは

統合医療として期待される鍼灸

鍼灸治療は人が本来持っている自然治癒力を高めることで、身体のバランスを整え、機能の回復を図る治療法です。また、疾病の予防にも寄与することから、予防医学の一つとして世界各国で注目を集めており、統合医療(Integrative Medicine)の一つとして位置付けられています。

統合医療とは、近代西洋医学と伝統医学や相補・代替医療などを統合することによって両者の特性を最大限に活かし、一人ひとりの患者さまに適切な『オーダーメイド医療』を提供しようとするものです。近年、疾病の多様化により西洋医学的な対症療法だけでは困難な不定愁訴も多くみられます。こうした中、治療としての医療だけでなく、疾病予防や健康保持・増進への関心が高まっており、鍼灸治療の果たす役割は大きいものと考えます。

心地よい鍼灸治療を心がけています

当院では、西洋医学と東洋医学の双方の視点からおからだの状態を把握し、患者さま一人ひとりの体質や症状に合わせて治療を行います。鍼灸治療が初めての方や刺激に対して敏感な方でも安心して受けて頂けるよう努めております。反応の出ているツボに鍼の刺激が伝わると、とても心地よい感覚が得られます。従来みなさまがお持ちの「鍼=痛い」というイメージとは大きく異なります。

また、当院では髪の毛の太さ程度の非常に細い鍼を用いるため、注射のような痛みを感じることはありません。鍼は全てディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しておりますので感染などの心配もございません。

国家資格を持つスタッフが治療を行います

様々な療法が乱立する中で、みなさんがその違いを見極めるのは難しいと思います。当院のスタッフは厚生労働大臣が認める「はり師」「きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取得しています。専門の知識を学び、臨床経験を積んだスタッフが患者さまの症状に合わせて治療を致しますので、安心して受けて頂くことができます。

適応疾患・症状

アレルギー性疾患 アレルギー性鼻炎 気管支喘息 花粉症など
整形外科疾患 頚肩こり 肩関節周囲炎(五十肩) 腰痛 膝痛 スポーツ障害など
神経系疾患 顔面神経麻痺 脳血管障害後遺症(片麻痺など) 帯状疱疹後神経痛 三叉神経痛など
婦人科系疾患 生理痛 生理不順 不妊 つわり 逆子 乳汁分泌不全 更年期障害など
消化器系疾患 食欲不振 胃もたれ 胃痛 便秘 下痢 吐き気など
泌尿器系疾患 排尿困難 頻尿など
不定愁訴 頭痛 不眠 めまい 眼精疲労 耳鳴り むくみ 自律神経失調症 疲労など
その他 各種痛み・しびれ・麻痺など