よくある質問

よくある質問

鍼は痛くないですか?
当院では髪の毛の太さ程度の非常に細い鍼を用いるため、注射のような痛みを感じることはありません。反応の出ているツボに、患者さま一人ひとりに合った鍼の刺激が伝わると、とても心地よい感覚が得られます。従来みなさまがお持ちの「鍼=痛い」というイメージとは大きく異なります。安心して受けてください。
鍼は使い捨てですか?
当院では全てディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しております。また、治療に用いる器具はオートクレーブ(高圧滅菌器)にて消毒・滅菌しておりますので感染などの心配は一切ございません。
鍼が怖いのですが他の方法で治療してもらえますか?
問診の際にこちらから最も良いと思われる治療方法を提案させて頂きますが、患者さまの同意を得た上で治療を行いますので、どうしても鍼が怖いという方に対して無理に行うことは致しません。お灸やマッサージなどで対応することができます。

ページトップへ↑

お灸は熱くないですか?お灸の痕は残りますか?
お灸にはいろいろな種類があり、患者さまの症状によりお灸の種類は異なります。
直接皮膚の上で燃やすお灸はチクッとした熱さを感じますが、ほんの一瞬です。
間接的に皮膚を温めるお灸には、皮膚に近づけて温める棒状のお灸、市販されているような筒状のお灸、鍼に艾をつけて温めるお灸などがあります。
当院では基本的にはお灸の痕は残しませんが、汗をかいた後や、刺激に敏感な方など患者さまのその時のお肌の状態により稀に少し痕が残ることがございます。その場合も長期間痕が残ることはございませんのでご安心ください。
マッサージの強さは強い方が効きますか?
マッサージは強い方が効く、痛い方が効くと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、「痛気持ちいい」程度がその方にあった強さです。マッサージが強すぎたり、弱すぎたりするようでしたら、遠慮せずにその場でおっしゃってください。こちらで力加減を調節させて頂きます。
マッサージの後、揉み返しはありますか?
当院では患者さまに適した力加減でマッサージを行い、揉み返しが出ないように施術致しますのでご安心ください。ただし、その日の患者さまの体調や、筋肉の凝り・張りの状態によっては、翌日に筋肉痛のような痛みが出ることが稀にございます。痛みは長期間続くものではなく、日常生活を行っているうちに自然に消えていきます。

ページトップへ↑

治療した後はお風呂に入っても大丈夫ですか?
治療した後は血流が良くなっておりますので、治療直後の入浴を控えて頂き、普段より入浴時間を短くすることをお勧めしております。
どれくらいのペースで通ったらいいですか?
患者さまの疾患・症状により異なります。急性のものであれば短期間の治療で比較的効果が期待できます。慢性のものになりますとある程度のお時間がかかることがございます。また、東洋医学では未病治(未だ病まざるを治す)という概念があり、発病する前の段階での定期的な治療が重要であると考えられております。
健康保険で治療は受けられますか?
国が定める一部の疾患(神経痛、リウマチ、腰痛、五十肩、頸腕症候群、頸椎捻挫後遺症など)については医師の同意書があれば健康保険で鍼灸治療が受けられます。必要な書類は当院にございますので、それをお持ちになってかかりつけ医師へ持参し、記入して頂いてください。当院では医師に記入して頂いた同意書と保険証、印鑑をお持ちになって頂ければ保険治療が行えます。また、健康保険による在宅マッサージ治療や生活保護法の医療扶助、労働者災害補償保険(労災)、自動車損害賠償責任保険(自賠責)なども取り扱っております。詳しくは当院までお問い合わせください。
往診してもらえますか?
当院では来院が困難な患者さまに対し往診治療を行っております。お時間や料金など詳しい内容についてはご相談ください。