妊娠をご希望の方

妊娠をご希望の方

不妊症と鍼灸治療

10組に1組は不妊症と言われる現代、医療の現場では様々な新しい治療法が確立されてきていますが、体外受精などの高度生殖医療(ART)の成功率は20~30%であり、決して満足のいく結果ではありません。そのような中、高度生殖医療と鍼灸治療の併用が妊娠の確立を高めるという報告が海外や国内においてもなされており、近年では不妊症で鍼灸治療を受ける方が急増しています。

妊娠するためには良質な卵をつくることと、理想的な子宮環境を作ることが大切であると言われています。そのためには、まずからだの不調を取り除き、全身状態をより良くし、「妊娠しやすいからだ」を作ることが必要です。

妊娠しやすいからだとは

妊娠が成立するためには、排卵、受精、着床など10あまりのステップがあり、それらのひとつひとつが正常に働いて初めて妊娠します。そのためには自律神経の機能が整っていなければなりません。

鍼灸治療は自律神経の機能を調整し、ホルモンバランスや免疫機能を整え、血流を促進することができると言われています。当院で行う治療は痛くなく、熱すぎることもありません。鍼の心地よい響き、灸のじっくりぽかぽかと温まる刺激はより一層自律神経の機能を整えることができます。また、鍼灸治療は副作用がなく、からだにやさしい刺激です。

こころのケアの必要性

当院の治療は患者さまひとりひとりと向き合ってゆっくりお話を伺うところから始まります。当院では、不妊治療はからだだけでなく、こころのケアも必要であると考え、患者さまの思いを共有し、傾聴することを大切にしています。また、専門の学会や研究会などに積極的に参加し、知識や技術の習得に努めておりますので、安心してお受けになって下さい。